FC2ブログ

スポンサーサイト

Posted by MAKOTO on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖サンタクロース

Posted by MAKOTO on 23.2011 0 comments 0 trackback
貴方はサンタクロースに、どんなイメージをもっていますか。

今日はサンタクロースのお話をしましょう。


サンタクロースは、クリスマスの前の夜に良い子のもとへ
プレゼントを持って訪れる人物ですよね。

フィンランドのラップランド出身で、
北緯68度、サンタクロース村から300km北、
ラップランドのコルヴァトゥントゥリの山中で
サンタクロースのお手伝いをする妖精(トントゥ)と一緒に住んでいます。


サンタクロースの特徴として
常に笑顔の、白のトリミングのある赤い服・赤いナイトキャップ姿で
白ヒゲを生やした太りぎみの老人で、白い大きな袋にクリスマスプレゼントを入れて
肩に担いでいますね。
19世紀の初出では一頭立てのトナカイがソリを引く姿が描かれていましたが、
やがて八頭立てとなり、家々の子どもたちが寝ている間にプレゼントを配っています。


この八頭のトナカイの名前、ご存知ですか。
・ダッシャー (Dasher)
・ダンサー (Dancer)
・プランサー (Prancer)
・ヴィクセン (Vixen)
・ドゥンダー (Dunder)(ドンダー (Donder))
・ブリッツェン (Blitzen)
・キューピッド (Cupid)
・コメット (Comet)

また九頭目のトナカイとして、「真っ赤なお鼻のトナカイさん」で有名な
・ルドルフ (Rudolph)
が八頭の先導役として先頭を走る1頭で、後に足されているのです。

名前が分かると、トナカイさんも親しみが湧いてきますね。




貴方はサンタさんとコンタクトを取りたいと思った事はありませんか。

サンタは「Ho Ho Ho」(ホゥホゥホゥ)と特徴的な笑い声をあげていますよね。
カナダではサンタクロース宛専用の郵便番号「H0H0H0」があるそうです。
(同国の郵便番号の書式は"A1B2C3"のようなアルファベットと数字の組み合わせのため、アルファベットの"O"(オー)の代わりに数字の"0"(ゼロ)を使用している)

日本でも、住所がわからなくても宛名を「サンタクロース」にするだけで
サンタさんの元へ手紙を届けてくれるそうですよ。
(ただ、私もチャレンジしたことがないので、メディアの情報です。)

確実に手紙を届けたい貴方はこちらをご覧ください。
サンタクロースからの手紙 サンタクロース村オフィシャルサイト


日本でも親しみのあるサンタさん、以前よりもう少し分かってもらえましたか。
明日のクリスマス・イブがさらに楽しめたら、私も嬉しいです。


いつまでも子供心を忘れない貴方に
赤い服のサンタクロースが訪れますように。


MAKOTO





Category : 世界の祭り

素敵なクリスマスを・・・

Posted by MAKOTO on 21.2011 0 comments 0 trackback
貴方はクリスマスと言えば、何を連想しますか。


サンタクロース
街のイルミネーション
恋人とのロマンティックな一時

どうも日本では、若い恋人たちのイベントというイメージの強い方が
多いのではないでしょうか。


今日は近づいてきたクリスマスについて
少しお話しましょう。


クリスマスは、イエス・キリストの降誕(誕生)を祝う
キリスト教の記念日・祭日です。

「神の子が人となって生まれて来た事」

を祝うことから始まりました。
その日が12月25日なのです。

新約聖書では、イエス・キリストの誕生日については表記がなく、
あくまで降誕を記念する日としています。

キリスト圏ではない日本では、勘違いされている方も多いのではないでしょうか。
かくいう私も、高校生までクリスマスはキリストの誕生日なのだと思っておりました。


日本語の「クリスマス」は、「英語: Christmas」に由来し、
その語源は
「キリストのミサ」を意味する
「英語: Christ's Mass」にあります。


キリスト教では、クリスマスには主に家族と過ごし、
クリスマスツリーの下にプレゼントを置くなど、
プレゼントを贈る気持ちである『愛』の日でもあるのです。


日本のクリスマスは
1552年(天文21年)に周防国山口(現在の山口県山口市)において
宣教師コメス・デ・トルレスたちが日本人信徒を招いて、
降誕祭のミサを行ったのが、日本で初めてのクリスマスなのだそうです。

1552年というと、川中島の合戦(上杉謙信 対 武田信玄)のあった前年ですから
とても古くからクリスマスは始まったのですね。



2006年の統計では、「クリスマスは誰と過ごす」という質問に対して
『家族』と答えた男女が6割だったそうですが、

やはり日本では、「クリスマス・イブ」は、
『恋人』と過ごす日と言うイメージが強く、

「クリスマスを一人で過ごしたくない」

と言う男女は多いようですね。


やはり欧米の「家族で過ごす日」と言う所と比べると
日本のクリスマスは、イベント化しており
祝日と言うイメージはすくないのでしょう。




貴方は、クリスマスはどのように過ごしますか。
ご家族と過ごす時間はありますか。

もし一緒に過ごすことが出来なくても、家族へプレゼントを贈ってみませんか。
大切な人へプレゼントを選ぶ時間を持つことで、
貴方自身が幸せな気持ちになれることでしょう。

そして宗教関係なく、一人の神様が生まれた事に喜びと
感謝の気持ちをもって、祈りませんか。

神様もそんな貴方の幸せを、見守ってくださるでしょう。


素敵なクリスマスをお過ごしくださいね。


MAKOTO



Category : 世界の祭り

ハンガリー クリスマス市

Posted by MAKOTO on 23.2011 0 comments 0 trackback
街のあちらこちらがクリスマス・年末用に飾られる時期となりました。
充実した時を過ごしていると、一年というのはあっという間ですね。


さて、今日は貴方に、ハンガリーのブダペストで行われている

『ブダペスト・クリスマス市』

をご紹介しましょう。

私はクリスマスの色とりどりの飾りや、それを楽しむ人々の空気感が大好きです。
世界各国で特長あるクリスマスが行われていますが、
その中でも特に、一度は訪れてみたいクリスマス市です。

13年目を迎えるブダペスト・クリスマス市は
11月18日(金)から12月30日(金)
までヴルシマルティ広場を中心に開催されます。


「欧州で最も美しいクリスマス市」

とも呼ばれるこのクリスマス市には、毎年60万人もの人々が訪れ、
天然素材で手作りされた、こだわりのクリスマス飾りやプレゼントを販売する屋台、
昔ながらのオーブンで焼いた料理、ホットワインの屋台など100もの木製屋台が出店、
ステージでは様々な音楽プログラムが開催されています。


貴方は今年のクリスマス、どのように過ごしますか。

最近はツリーを飾らない家が増えてきましたが、
私は親しい人たちと共にクリスマスツリーを飾るのが、例年の楽しみになっています。

可愛いオーナメントを見つけると買って、ツリーに飾るのを想像して
ワクワクしています。


私はクリスチャンじゃないから。。。

と毛嫌いせず、
世間のワクワクした雰囲気に乗って、楽しんでみませんか。


誰かと一緒に分かち合ったり
一人で空想を膨らませて楽しんだり


イベントは自分で企画して、楽しんだもの勝ちではないかしら。


貴方のおすすめのクリスマスがあったら
コメントでおしえてくださいね。


MAKOTO



Category : 世界の祭り

花園神社 酉の市

Posted by MAKOTO on 02.2011 0 comments 0 trackback
貴方は、新宿にある「花園神社」をご存知ですか。

商売繁盛、家内安全、厄除開運、芸道成就の神様として
訪れる人が後を絶ちません。


主に関東の鷲神社(おおとりじんじゃ)で酉の市が開かれていますが、
なかでも花園神社の酉の市は盛大です。


大酉祭
一の酉 11月 1日(火)前夜祭/11月2日(水)本祭

二の酉 11月13日(日)前夜祭/11月14日(月)本祭

三の酉 11月25日(金)前夜祭/11月26日(土)本祭



酉の市についても、少しお話しましょう。

酉の市は、江戸時代から続く年中行事で、
『開運招福』
『商売繁盛』
を願うお酉さまは、武蔵野国南足立郡花又村(今は足立区花畑町)にある鷲神社に
その起源があるとされています。


酉の市には開運熊手守、福財布、破魔矢(あたり矢)などの縁起物の露店が並びます。
そば屋さんや居酒屋のレジの天井近くに奉られている熊手守を
目にしたことがあるのではないでしょうか。
あの熊手守は年に一度、酉の市で買い換えます。

買い手と熊手商の間で商談が成立すると、
むこう一年の『開運招福』、『商売繁盛』の願いをこめ、
火打石で清め、威勢よく手締めが打たれます。


花園神社の酉の市は、明治時代に始まりました。
酉の市は、大鳥神社の祭神である日本武尊が東夷征伐の戦勝祈願をし、
帰還の時にお礼参りをしたことにちなみ、
日本武尊の命日である11月の酉の日に行われるようになったそうです。

新宿の明治通りは、路上に縁起物を売る露店が連なり、
行きかう人々と屋台の活気で、かなりの賑わいを見せます。


私も去年、熊手を購入しました。
縁起物には色々なデザイン、大きさがあり、
最初は小さなものを購入し、毎年大きさを大きくしていくのが慣わしだとか。
これは「毎年商売が繁盛していく」ことを祈願する意味があるそうです。


今年はどの大きさを購入するか迷ってしまいます。


活気あふれる人々をみて、神様もとても喜んでいるでしょう。

花園神社の酉の市には、近年ではあまり見かけなくなった、見世物小屋も登場します。


貴方もぜひ、花園神社の酉の市に訪れてみてはいかがでしょうか。
集まっているエネルギーは大きく、熊手を購入しなくても
得られるものはあると思いますよ。


MAKOTO






Category : 世界の祭り

ジャック オ ランタンの物語

Posted by MAKOTO on 19.2011 0 comments 0 trackback
貴方は、ハロウィンのランタンが何故

「ジャック オ ランタン」


と呼ばれるかご存知ですか。

実はアイルランドの古い伝説から名付けられたそうです。
少しこのジャックのお話をしましょう。



ジャックという、かじ屋さんがいました。
ハロウィーンの日ジャックは酒場で悪魔に出会い、魂を取られそうになります。
しかしずる賢く嘘つきなジャックは、

「飲み過ぎてお金が足りなかいから、最後の酒代が払えない」

と悪魔に支払いを頼みます。

それならばと悪魔は6ペンスコインに変身し、支払いをしようとしますが、
ずる賢いジャックは銀の十字架でコインを押さえつけ、悪魔を財布に閉じ込めてしまいます。

その悪魔を解放する代わりに、「10年間は魂を奪わない」と悪魔に約束をさせました。



10年後、ジャックは再び悪魔と出会います。
悪魔は約束の期限がきれたので、魂を取りに来たのです。

今度は近くの木に実っている林檎を

「最後の食事として食べたいから採っておくれ」

と頼み、悪魔が林檎をとるとジャックは持っていたナイフで、
木に十字架を刻み、悪魔の身動きを再び封じます。

困った悪魔はとうとう、ジャックの魂をとることを諦めます。


月日は流れジャックは死にましたが、今までの悪事が為に天国には行けず、
地獄へ辿り着くのですが、悪魔は約束でジャックの魂をとることができません。

ジャックは悪魔に

「灯りをくれないか」

と頼み、悪魔は地獄の炎をジャックに与えます。
ジャックはカブをくりぬいて、炎をその中にいれ、
今でもあの世とこの世をさまよい続けているといわれています。


と言うお話があり、
ジャック・オ・ランタンは呪われさまよう魂の代名詞になっています。

現代ではカボチャで作るランタンが一般的ですが、
ジャックオランタンの元はカブだったんですね。


昔の人は、魂を慈しみ、そして悲しみの中に閉じ込もるだけではなく
楽しく、そして人々が学びを忘れないように
子どもから大人まで一緒になって祭事を行い続けてきたのが伝わってきますね。


青山ルチルではハロウィンのイベントを行っています。

一緒に慈しみと、祈りを込めてハロウィンを楽しみませんか。


MAKOTO


Category : 世界の祭り

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

▲ top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。