スポンサーサイト

Posted by MAKOTO on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お伊勢参り 過去世と親友 その参

Posted by MAKOTO on 05.2013 0 comments 0 trackback
昨日までは伊勢神宮内のご紹介でしたが
お伊勢参りは摂末社合わせて125社ありますが、
今回はすべて参る事ができなかったので、
本日は、私が巡った摂社を簡単にご紹介。


豊受大神宮別宮の『月夜見宮(つきよみのみや) 』
祭神は天照大御神の御弟神月読宮(つきよみのみや)
皇大神宮別宮の月読宮と御同神をおまつりするが、月読宮と書いて
区別されています。
こちらはお写真をお撮りしませんでした。


皇大神宮別宮で右奥から
『月読宮(つきよみのみや)』
『月読荒御魂宮(つきよみのあらみたまのみや)』
『伊佐奈岐宮(いざなぎのみや)』
『伊佐奈弥宮(いざなみのみや)』


それぞれの祭神は
月読尊(つきよみのみこと)
月讀荒御魂宮(つきよみのあらみたまのみや)
伊佐奈弥宮(いざなみのみや)
伊弉冉尊(いざなみのみこと)

天照大御神のご家族がここに四宮並んで祭られています。
まずは右奥の月読尊様にお参りしてから、左へと順番にお参りします。

ここは四宮あるだけあって、すごく空気が綺麗でした。
DSC03949_convert_20130901151436.jpg


皇大神宮別宮の『倭姫宮(やまとひめのみや)』
祭神は第十一代垂仁天皇の皇女、倭姫命(やまとひめのみこと)
倭姫命は神宮のご創建や諸々の祭典、摂末社などを定められました。
倭姫命のおかげで今の伊勢参拝があるのです。
DSC03955_convert_20130901151004.jpg


『猿田彦神社(さるたひこじんじゃ)』
猿田彦大神をお祀りしており、倭姫命が伊勢神宮創建の際に、
聖地として開拓された五十鈴の川上にある宇遅(宇治)の地をお勧めし、
そこに皇大神宮が創建されました。

物事を成し遂げる際や、神前結婚式があげられることで
出会いや、導きをいただきたい参拝者が毎年訪れるそうです。
DSC03948_convert_20130901144732.jpg



今回のお伊勢参りはゆったりと廻れたので、一社一社をじっくり
お参りできました。

私は、天照大御神のご家族がここに四宮並んで祭られていた、
月読宮は個人的に好きでした。

朝参拝も外宮から始めたので、内宮を参るころには人が多くなっていたので、
次回は、初日に外宮をお参りし、二日目の朝参拝を内宮の正宮に静かにお参りしたいと思います。

神宮の参道の石の上を歩くだけで、浄化になり、
心が清められたお伊勢参りでした。

私の突発的思い付きで行く事になった神宮。
それにそっと付き合ってくれた親友たちに感謝です。
車の運転ができない私が、長距離高速運転を親友にまかせて
「あそこにいきたい」「あの摂社ははずせない」など
自由に参拝できたのも、彼女たちのおかげです。

今回の遷宮時期にお伊勢参りをしたことで、
本当に多くの方の寄付や募金など神宮を大切に想い、
日本を大切に想われている人たちの希望が集まっている気がしました。


昔ながらの習わしが消えて行く中、伊勢と出雲の遷宮で世界中が注目して、
イベント感覚も多いかもしれませんが、多くの参拝者、祭事参加者がいることで少しでも日本の太古からつづく習わしや、それがどれほど大きなことなのかを感じる事もでき、これからの若い世代の方々がしっかり引き継げる日本になることを心から願います。




ここからはちょっと私の過去世かもしれない。
と気になって気になって仕方がない場所へ行ってきました。

甲賀忍者屋敷
DSC03973_convert_20130901144804.jpg

伊賀忍者博物館
DSC04043_convert_20130901144912.jpg

今年に入って、忍者が気になって仕方がなくて、
地元なので子供のころに良く連れて行ってもらっていましたが
伊勢神宮同様、どうしても今回の帰省で行っておきたい場所でした。

どちらも、江戸時代ごろ実際に忍者の頭領が住んでいた
忍者屋敷です。
甲賀忍群だったのか、伊賀忍群だったのか。。。
忍者だったのかすら覚えているわけでも、行って思い出したわけでもありませんが、
魂が魅かれていて、訪れてみて、なんだか膜がとれた感じです。



改めて、このお伊勢参りと、過去世の旅を
心からの親友と廻れたことに感謝です。

実は親友の一人が、事情があり今回の旅に参加することが
できなくなっていたのですが、
その親友は、きっと今回のルートとは別の縁でずっと仲良くしている
魂の仲間なのだと感じました。


今回は女親友三人でこのルートを旅したのには
意味がありました。

私も人間ですから、悩むこともありますし、
落ち込むときもあります。

そんな時、大好きな人たちと好きな場所で笑っていられるのが
こんなに楽しいのだと、今回の旅は教えてくれました。


次はどこへ行こうか、すでに楽しみで仕方ありません。

貴方の大切な人は誰ですか。
そしてその人と、どこでどんな風に笑っていますか。



長い文章を読んでいただいてありがとうございます。

MAKOTO


↓一日一回ポチッ♪とお願いします。

お伊勢参り。 その弐

Posted by MAKOTO on 04.2013 0 comments 0 trackback
お神宮参りへやってまいりました。

伊勢神宮


お伊勢さんの正式名称は「神宮」
今年は、社殿を造り替える20年に一度の大祭の開催の年。
平成17年から第62回式年遷宮の諸祭、行事が進行されてきました。

お伊勢参りに来たなら、「朝参拝」しておきたくて
朝の6時から外宮へお参りに。
DSC03820_convert_20130901144313.jpg
伊勢神宮参拝の順路は、まず外宮(左側通行)。
そして内宮(右側通行)へお参りするのが古来からのならわしです。

DSC03824_convert_20130901144241.jpg
外宮の朝は静かで、正宮様にもあまり人はおられませんでした。
正面から撮影させていただくという、ちょっと大それたことにも
神様にお願いして撮影させていただきました。

昨日の伊雑宮にお参りした時にも感じたのですが、正宮をお参りしたら左側の背中をそよそよと風が
撫でてくださいました。
神様からの合図なのですね。


外宮の摂社もぐるりと参拝し、
朝食をとってから、内宮へ。


10時ごろには、内宮はお白石持ちの参加の皆様たちで
多くの参拝者がみえていました。
DSC03843_convert_20130901144402.jpg
内宮は右側通行なので、皆さん綺麗に右側へ。

DSC03864_convert_20130901144525.jpg
内宮の正宮をお参りした時にも、また左側の背中をそよそよと風が
撫でてくださいました。


正宮の隣に、10月に遷つされる新しい正宮が。

DSC03880_convert_20130901151236.jpg
伊勢神宮の内宮は、外宮よりも大きく自然が溢れていて
小雨が降っていたのですが、大事な正宮や摂社をお参りするときには、
傘が要らないように雨が止んでくれたので、炎天下でのお参りじゃなくなって
すごく廻りやすかったですね。


内宮には、天皇陛下お手植えの松や
神使様でもあるにわとりや、大きな錦鯉などもいて
目の癒しにもなりました。

また来きますとご挨拶をして、宇治橋をわたりおかげ横丁へ。
DSC03921_convert_20130901151402.jpg




伊勢に来たなら、名物「伊勢うどん」
岡田屋さんの伊勢うどんは美味しかったです。(味に好みがあるそうですね。)
DSC03933_convert_20130901144716.jpg



今日も長くなりましたが、
二日目の旅前半が終了。
次は、残りの摂社と、過去世が引き寄せる場所へ参ります。
もう少しお付き合いください。


MAKOTO


↓一日一回ポチッ♪とお願いします。

お伊勢参り。 その壱

Posted by MAKOTO on 03.2013 0 comments 0 trackback
先月、親族の集まりに合わせて実家帰省してきました。
DSC03525_convert_20130901151125.jpg
新幹線から見えた富士山が曇りでしたが神秘的。


帰省の際に、どうしても「伊勢神宮に行きたい」と強く感じたので、
親族の集まりをすべて終え、お墓参りも終えて伊勢へ。


昔はお伊勢様は二見浦で禊を行ってから伊勢参拝するという習わしだったとのこと。
二見興玉神社で浜参りを行ってから伊勢神宮へ向かうことにした私たち。
お白石持ち参加の皆様が浜参拝で、遷宮の法被を着てお参りされている所に
遭遇出来てなんだか、遷宮の時期に来たなという体感が出来ました。
DSC0372.jpg



日本の渚百選に選ばれている夫婦岩の上には、海鵜がつがいで鳥居の上に。
カメラを向けると、翼を広げてアピールしてくれました。
お使いとしてあらわれてくださったのでしょうね。
DSC03719_convert_20130901143703.jpg

二見浦のレストランで「伊勢海老うどん」をいただきました。
伊勢といえば伊勢海老ですよね。
今回はグルメを楽しむ時間をとっていなかったので、ここでちょっとご当地食材を。。。
DSC03742_convert_20130901143803.jpg


そしていきなり本筋ルートとはずれますが
お伊勢125社めぐりの一つ。

皇大神宮別宮の『伊雑宮(いざわのみや)』 へ。

祭神は、天照大御神御魂(あまてらすおおみかみのみたま)で、
皇大神宮の遙宮(とおのみや)と称され尊ばれており、
の重要無形文化財(平成2年)に指定されています。


外宮、内宮よりも先にどうしてもここにお参りしたくて
初日にお参りしました。
DSC03760_convert_20130901143836.jpg

DSC03765_convert_20130901143920.jpg

欅(ケヤキ)の樹がなんとも素敵だったので社と一緒に写真を撮らせていただきました。

※本来神社仏閣など写真にパシャパシャとるものではありませんが、
 お参りの際、、神様に「お写真とらせていただきます。」と許可をとりましょう。
 今回の写真をお願いする際に、吹いていなかった風が背中をなでたので、
 撮影させてもらい掲載しました。



宿に向かう途中に、「天岩戸」の文字を発見したので、
寄り道して天岩戸へ向かおうと相談していたら、
今まで小雨がふっていたのですが、伊雑宮へお参りした途端
雲が晴れ、太陽が出て来ました。
DSC03773_convert_20130901144033.jpg

DSC03781_convert_20130901144051.jpg


「天照大御神御魂にお参りしたからだね」

と天照大御神様に迎えられたようで嬉しくなって、天岩戸へ。

天岩戸説話は天上界の出来事ですが、日本各地に天岩戸の関連個所があり
その一つへ。
私が向かった天岩戸は
三重県志摩市磯部町恵利原 恵利原の水穴

天岩戸の岩穴の前は、気持ちのいい風が中から吹いてきて、
流れている水は冷たくて気持ちがいいものでした。
DSC03793_convert_20130902182354.jpg

ここの水をくんで、石を洗ったら綺麗になると思います。
私は残念ながら水を入れる物を持っていかなかったので、
次回のお伊勢参りの時にお預け。


いよいよ本宮様にお参り。

一日目の旅はこれにて終了。
明日もお付き合いくださいませ。


MAKOTO


↓一日一回ポチッ♪とお願いします。

明治神宮参拝

Posted by MAKOTO on 02.2013 0 comments 0 trackback


今日は。

葉月先生と、恒例になりつつある明治神宮参拝。

太陽が輝いていて気持ちのいい参道を通り抜けていると、
いきなり、バキバキバキーーと音がして、
参道の樹の枝が折れて落ちてきました。

余計なものは削ぎ落とされるってことかな。

と葉月先生。
なるほどな、と感心しながら、本殿へ。


神様がいる方向は、自然が教えてくれます。
風が吹く方にお参りし、これからランチへ。

子之神社のご神木

Posted by MAKOTO on 20.2013 0 comments 0 trackback
数年前に、鳥居の前で断念した地元の神社に再挑戦してきました。

「子之神社」


御祭神:大已貴神 オナムチ
    (大国主の別名)

DSC02968.jpg


写真を撮らせて下さいとお願いしたら、
お賽銭箱の右側にある、樹がご神木なのですが、
そのご神木に光が当たって、存在をアピールしてくださいました。


DSC02974.jpg

私が数年前に、神社へ上がる事を断念した鳥居がこちら。



よーーく見てみると、右と左のバランスが悪い。
左の鳥居柱は黒く、コケが広がっていて
右の鳥居柱は白く、緑もいきいきと生い茂っています。


これは、私の場合1人参拝するのではなくて、
2人で参拝することでバランスがとれるんだと
写真をみていて感じました。


友達と一緒にだったから、神様も迎えて下さったのかも。
もっともっと参拝者が増えることで、
この左右のバランスが整ってくるのだと思いますが、
すこし駅から離れているので、地元の人しかいらっしゃらないのでしょうね。


しばらくは2人で参拝したいので、
一緒に行く人がいる時が、参拝時なのでしょう。

次に参拝する際には、光るご神木に
手を合わせたいと思います。



MAKOTO

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

▲ top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。