スポンサーサイト

Posted by MAKOTO on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

節分 ~一年の厄払い~

Posted by MAKOTO on 01.2012 0 comments 0 trackback
貴方は「節分」にどのようなイメージをもっていますか。


2月3日は節分の日です。
節分」という言葉は、「季節の分かれ目」「季節を分ける」
という季節の始まりを意味し、
『立春』『立夏』『立秋』『立冬』の前日を指していました。

旧暦が使われていた頃は、立春を1年の初めと考えたことから、
次第に「節分」といえば春の節分を指すものとなりました。


立春を新年と考えれば、節分は大晦日にあたり、
季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられており、
それを追い払うための悪霊ばらい行事が執り行われ、
その一つが「豆まき」です。

悪霊ばらいとは、古くは中国に始まり
日本へは文武天皇の頃に伝わったといわれています。
悪鬼・疫癘(えきれい)を追い払う行事のことで、
平安時代は陰陽師たちにより、宮中において大晦日盛大に行われていました。

近代、宮中行事が庶民に採り入れられた頃から、
節分当日の夕暮れ、柊の枝に鰯の頭を刺したもの(柊鰯)を戸口に立てたり、
寺社で豆撒きをしたりするようになりました。


~豆撒き~
地方や家庭によって多少異なるそうですが、
関東での代表的な豆まきの作法をご紹介しましょう。

(1)家中のドアと窓を開けます。
(2)玄関のドアから外へ向かって「鬼は外」と豆を撒く。
各部屋の窓から外へ向かって「鬼は外」と豆を撒く。
追い払った鬼がまた家に戻らないように、すぐドアと窓を閉めます。
(3)外へ出て、ドアから家へ向かって「福は内」と豆を撒く。
(4)家の中に撒かれた豆を拾って、自分の年齢(数え年)の数だけ食べます。

また、自分の年の数より1つ多く豆を食べると、
体が丈夫になり、風邪をひかないという習わしがある所もあります。

豆は「魔滅」に通じ、鬼に豆をぶつけることにより、
邪気を追い払い、一年の無病息災を願うという意味合いがあります。

他にも、豆を撒くのは家長か長男、もしくは厄年の人に限られるとか、
夜行うとか、細かいしきたりがあります。
しかし細かいことにこだわるより、
楽しく力強く、鬼を追い出せればいいのではないかと。


また、陰陽五行、十干十二支という考え方もあります。
詳しく話すと長いので、別の機会にご説明したいと思います。


昔から行われてきた行事には必ず大切な意味があります。
貴方も、節分の行事をしっかり行い、今年一年の祈願を行いませんか。


MAKOTO


↓一日一回ポチッ♪とお願いします。


スポンサーサイト
Category : 世界の祭り


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://gaia6117.blog.fc2.com/tb.php/87-ae195988

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

▲ top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。